ウルル=カタ・ジュタ国立公園|オーストラリアの中央にそびえるアボリジニの聖地

Uluru-Kata Tjuta National Park, Australia, World Heritage

世界で2番目に大きな一枚岩「ウルル」

「ウルル(Uluru)」とは、オーストラリアのほぼ中央にある世界で2番目に大きな一枚岩です。エアーズロック(Ayers Rock)の名で広く知られています。太陽の角度によって色をかえる様子は、とても神秘的。
高さ348m、周囲4.9㎞。地上に出ている部分は、岩全体のわずか5%程度であると推定されています。砂岩でできた岩で、約5億5000年前に地殻変動によって海底が地上へと隆起し、その後数回の大きな近く変動を経て、7000万年前に現在の形になったと考えられています。
ウルルへの登頂は以前は可能でしたが、2019年から禁止されています。
Uluru-Kata Tjuta National Park, Australia, World Heritage

大小36の岩石群「カタ・ジュタ」

「カタ・ジュタ(Kata Tjuta)」は、ウルルの西約40㎞にある巨石群です。カタ・ジュタとはアボリジニの言葉で「多くの頭」という意味。高さ546mのマウントオルガをはじめとする大小36の岩から成ります。
カタ・ジュタは、花崗岩や玄武岩などさまざまな種類の石が固められた礫岩でできています。ウルルと同様に約70000万年前に現在のような形になったと考えられいます。
Uluru-Kata Tjuta National Park, Australia, World Heritage

世界遺産「ウルル=カタ・ジュタ国立公園」

ウルルとカタ・ジュタはアボリジニの聖地であり、「ウルル=カタ・ジュタ国立公園(Uluru-Kata Tjuta National Park)」に属しています。1987年に世界自然遺産に登録されましたが、古代壁画などアボリジニ文化の文化的価値が認められ、1994年に複合資産に登録されました。
Uluru-Kata Tjuta National Park, Australia, World Heritage

ウルル=カタ・ジュタ国立公園へのアクセス

・エアーズ・ロック空港まで国内線でシドニーから約3時間30分、ケアンズから約2時間30分
・エアーズ・ロック空港から観光の拠点となる「エアーズロック・リゾート」まで無料シャトルバス(約15分)

ウルル=カタ・ジュタ国立公園の世界遺産データ

登録名
ウルル=カタ・ジュタ国立公園
Uluru-Kata Tjuta National Park
登録年・分類
1987年・自然遺産
1994年・複合資産
登録基準
(v) (vi) (vii) (viii)
UNESCO World Heritage Centre

ウルル=カタ・ジュタ国立公園の基本情報

スポット名
ウルル=カタ・ジュタ国立公園
Uluru-Kata Tjuta National Park
住所
Petermann NT 0872, Australia

ベストシーズン
5月~8月
営業期間
通年
Webサイト ※最新情報はリンク先をご確認ください。
Uluru-Kata Tjuta National Park|Parks Australia
Tripadvisor

おすすめ絶景スポット

  1. オリンピック国立公園|Olympic National Park

  2. カナイマ国立公園|Canaima National Park ギアナ高地にある世界遺産

  3. 静岡・熱海梅園

    熱海梅園|2023年梅まつり開催!日本一早咲きの梅と日本一遅い紅葉

  4. 蔵王の樹氷|「スノーモンスター」雪と氷が生み出す神秘の絶景

  5. エカテリーナ宮殿|Catherine Palace

  6. ベルベール城|Castell de Bellver

  1. 武陵源風景名勝区|Wulingyuan 映画「アバター」のハレルヤマウンテ…

  2. サン・ベント駅|São Bento Station 青いアズレージョに覆われた世…

  3. 西平畑公園

    西平畑公園|2023「まつだ桜まつり」開催!河津桜と菜の花と富士山…

  4. 河津桜まつり

    河津桜まつり|2023「河津桜まつり」開催!濃いピンク色に包まれる…

  5. 福岡, 宮地嶽神社

    宮地嶽神社|2023年「夕陽の祭典」開催情報!嵐CMの絶景!参道から…