雲昌寺|境内がブルーに染まる男鹿半島北浦のあじさい寺

秋田・雲昌寺

雲昌寺とは

秋田県男鹿市にある「雲昌寺(うんしょうじ)」は、1624年に開創された曹洞宗の寺です。本尊は釈迦牟尼像、本堂は江戸時代に建立されたものです。
毎年6月になると境内が約1,500株の青いあじさいに包まれる「あじさい寺」として注目を集めている絶景スポットです。
青一色のアジサイは、副住職が15年の歳月をかけて植栽したもので、青いアジサイの絨毯の向こうには、港町・北浦の町並みと男鹿の海が広がります。
秋田・雲昌寺

あじさい観覧期間

見頃の時期は、6月中旬から7月中旬。アジサイの観覧期間には、夜間ライトアップ特別観覧が行われます。
アジサイの鑑賞前に、まずは御本尊さまにお参りしてください。アジサイを鑑賞しながら、境内に7ヶ所あるハートの石を探したり、点在する「めんこい地蔵」に手を合わせましょう。
秋田・雲昌寺

2022年のあじさい観覧期間は6月11日(土)~7月18日(月・祝)
日 中】
9:00~17:00(最終入場16:30)
500円
(拝観料200円+あじさい期間特別拝観料300円)
※6月25日(土)・26日(日)・7月2日(土)・3日(日)
800円

(拝観料200円+あじさい期間特別拝観料600円)
【夜間ライトアップ特別拝観】

18:45~21:30(最終入場21:00)
1,000円
(拝観料200円+あじさい期間特別拝観料800円)
※6月24日(金)~26日(日)・7月1日(金)~3日(日)
1,300円
(拝観料200円+あじさい期間特別拝観料1,100円)
※中学生以下は無料

アジサイのお守りや御朱印

「雲昌寺」のお守りはカワイイ水色です。中には、アジサイの花びらが1枚入っています。アジサイの花びらは、魔除けや女性の病気を防いだり、家族円満、縁結びのご利益があるといわれています。
御朱印は、1回目は「あじさい」、2回目は「寺紋の周りにあじさい」、3回目は「手水鉢にあじさい」と、3種類のスタンプの御朱印が用意されています。しかし、アジサイ観覧期間中は、御朱印帳への記帳ではなく、書置きの台紙となります。
秋田・雲昌寺


関連記事

雲昌寺へのアクセス

電車・バスでのアクセス

・JR「秋田駅」から「羽立駅」まで約50分、路線バス「男鹿北線」で「北浦」バス停まで約26分、下車後徒歩約4分

車でのアクセス

・秋田自動車道「昭和男鹿半島IC」から約45分

駐車場

・100台(無料)

雲昌寺の基本情報

スポット名
雲昌寺(うんしょうじ)
Unshoji Temple
住所
〒010-0683 秋田県男鹿市北浦北浦字北浦57

マップコード
351 423 823*12(雲昌寺駐車場)
※「マップコード」および「MAPCODE」は㈱デンソーの登録商標です。
電話番号
0185-47-7787(男鹿市観光協会DMO推進室)
ベストシーズン
あじさい:6月中頃~7月上旬
営業期間
通年
定休日
年中無休
営業時間
9:00~17:00(最終入場16:30)
夜間特別拝観 18:45~21:30(最終入場21:00)
料金
拝観料 200円
※あじさい鑑賞期間は特別拝観料300~600円(夜間特別拝観料800~1,100円)が加算されます。
Webサイト ※最新情報はリンク先をご確認ください。
【公式】あじさい寺雲昌寺
雲昌寺のあじさい|男鹿ナビ
Tripadvisor
SNS
Facebook

おすすめ絶景スポット

  1. デビルス・タワー|Devils Tower 映画『未知との遭遇』に登場

  2. グレート・サンド・デューンズ国立公園|Great Sand Dunes National Park and Preserve

  3. キンデルダイク|Kinderdijk

  4. 蔵王の樹氷|「スノーモンスター」雪と氷が生み出す神秘の絶景

  5. イルリサット氷河|Ilulissat Icefjord

  6. Cliffs of Moher

  1. 石垣島・川平湾

    川平湾|白浜にエメラルドグリーンの海が広がる沖縄・石垣島の絶景…

  2. 沖縄・伊良部大橋

    伊良部大橋|海の上をドライブ!宮古ブルーの海にかかる絶景の橋

  3. 大分・真玉海岸

    真玉海岸|「日本の夕陽百選」干潟の縞模様と夕陽が織りなす絶景

  4. 上ヶ流茶園「天空の茶畑」

    上ヶ流茶園「天空の茶畑」|緑あざやかな「岐阜のマチュピチュ」

  5. 鹿児島・長目の浜

    長目の浜|紺碧の海を分かつ鹿児島・上甑島の白い砂州