ツィンギ・ド・ベマラ厳正自然保護区|マダガスカルのカルスト台地に林立する灰色の尖塔

ツィンギ・ド・ベマラ厳正自然保護区とは

「ツィンギ・ド・ベマラ厳正自然保護区(Tsingy de Bemaraha Strict Nature Reserve)」は、マダガスカルの原生林に覆われたカルスト台地にある石灰岩の岩峰群です。「バオバブ街道」で有名なムルンダヴァ(Morondava)から、車で約8時間もかけて、たどり着くことができる秘境の絶景スポットです。「ツィンギ」とは、先住民の言葉で「先の尖った」「先端」などという意味。
ナイフのように切り立った岩峰は、約180年前に海底にあった石灰岩層が隆起し、長い年月をかけて、風雨や地下水によって削られて形成されました。岩峰の高さは、約30~70m。1990年、世界自然遺産に登録されました。
Tsingy
現地には、遊歩道が整備されていて、トレッキングを楽しめます。横跳びするベローシファカやキツネザルなどが生息しており、トレッキングの途中で出会えることもあります。
約16万haの広さがある保護区は、プチ・ツィンギとグラン・ツィンギの2つのエリアに大きく分けられます。公園入口近くにあるプチ・ツィンギは、3時間ほどで周遊できます。より多くの岩峰群を見ることができ、有名な吊橋があるのはグラン・ツィンギです。しかし、往復に5時間以上かかり、はしごで岩場を登るなど、スリル満点のコースとなります。
Tsingy

ツィンギ・ド・ベマラ厳正自然保護区へのアクセス

・首都アンタナナリボ(Antanànarìvo)からムルンダヴァまで飛行機で約1時間、ツィンギ・ド・ベマラ厳正自然保護区まで車で約8時間
・アクセスが難しく、ムルンダヴァ発のツアーを利用するのがおすすめです。

ツィンギ・ド・ベマラ厳正自然保護区の世界遺産データ

登録名
ツィンギ・ド・ベマラ厳正自然保護区
Tsingy de Bemaraha Strict Nature Reserve
登録年・分類
1990年・自然遺産
登録基準
(vii) (x)
UNESCO World Heritage Centre

ツィンギ・ド・ベマラ厳正自然保護区の基本情報

スポット名
ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区(または、ツィンギ・ド・ベマラハ自然保護区)
Tsingy de Bemaraha Strict Nature Reserve
住所
Begara, Madagascar

ベストシーズン
5月~10月
営業期間
冬期閉鎖
Webサイト ※最新情報はリンク先をご確認ください。
Tripadvisor

    おすすめ絶景スポット

    1. カジュハ・デ・ラス・フローレス|Calleja de las Flores

    2. ブロードウェイ・タワー|Broadway Tower 丘の上に建つ美しい六角形の塔

    3. あしかがフラワーパークの藤

      あしかがフラワーパーク|CNN「世界の夢の旅行先10ヶ所」に選ばれた藤の名所

    4. Lago di Carezza

      カレッツァ湖|Lago di Carezza 「ドロミテの宝石」と呼ばれる美しい湖

    5. ブラウゼー|Blausee

    6. サクソン村|Saksun Village, Faroe Islands

    1. 石垣島・川平湾

      川平湾|白浜にエメラルドグリーンの海が広がる沖縄・石垣島の絶景…

    2. 沖縄・伊良部大橋

      伊良部大橋|海の上をドライブ!宮古ブルーの海にかかる絶景の橋

    3. 大分・真玉海岸

      真玉海岸|「日本の夕陽百選」干潟の縞模様と夕陽が織りなす絶景

    4. 上ヶ流茶園「天空の茶畑」

      上ヶ流茶園「天空の茶畑」|緑あざやかな「岐阜のマチュピチュ」

    5. 鹿児島・長目の浜

      長目の浜|紺碧の海を分かつ鹿児島・上甑島の白い砂州