パムッカレ|Hierapolis-Pamukkale 空の色を映す白い石灰棚と遺跡

Hierapolis-Pamukkale

パムッカレとは

トルコ南西部のデニズリにある「パムッカレ(Pamukkale)」は、高台から流れ出す石灰分を含んだ温泉が長い歳月をかけて造り出した石灰棚です。「パムッカレ」とは、トルコで「綿の城」という意味。
Pamukkale
100以上もの石灰棚は、昼間は空の青さを映してブルーに、夕暮れ時には茜色に染まっていきます。
Pamukkale
パムッカレでも、カッパドキアと同様に気球に乗って空から石灰棚を眺めることができます。
Pamukkale

石灰棚の上に広がる都市遺跡「ヒエラポリス」

石灰棚の上に広がる「ヒエラポリス(Hierapolis)」は、ローマ帝国時代に温泉保養地として繁栄しました。1354年の地震により廃墟となりました。劇場やローマ式浴場などの遺跡が残っており、パムッカレとともに「ヒエラポリス-パムッカレ」として、1988年に世界遺産に登録されました。
Hierapolis

遺跡が沈む温泉「パムッカレ温泉」

パムッカレの入口にある「パムッカレ温泉(Pamukkale Antik Havus)」は、温泉プールの底にローマ時代の遺跡が沈んでいる珍しい温泉です。「クレオパトラのプール(Cleopatra Pools)」とも呼ばれ、遺跡の石柱などに腰かけて温泉に浸かることができます。

パムッカレへのアクセス

・イスタンブールからデニズリのチャルダック空港まで飛行機で約1時間15分、パムッカレまで車で1時間30分

パムッカレの世界遺産データ

登録名
ヒエラポリス-パムッカレ
Hierapolis-Pamukkale
登録年・分類
1988年・複合遺産
登録基準
(iii) (iv) (vii)
UNESCO World Heritage Centre

パムッカレの基本情報

スポット名
パムッカレ
Pamukkale
住所
Güney Kapı, 20280 Pamukkale/Denizli, Turkey

ベストシーズン
4月~6月
9月~10月
営業期間
通年
定休日
無休
営業時間
6:30~20:00
料金
150TL(パムッカレとヒエラポリス、ヒエラポリス考古学博物館と共通)
Webサイト ※最新情報はリンク先をご確認ください。
【公式】HIERAPOLIS ARCHAEOLOGICAL SITE
Tripadvisor

    おすすめ絶景スポット

    1. タウアノック滝|Taughannock Falls

    2. ハロン湾|Halong Bay 龍の伝説が残る無数の奇岩が点在するベトナムの世界遺産

    3. 袋田の滝

      袋田の滝|日本三名瀑!四季折々に美しい茨城の「四度の滝」

    4. ボンダイ・ビーチ|Bondi Beach

    5. モネンバシア|Monemvasia

    6. 海の中道海浜公園

      国営海の中道海浜公園|ネモフィラが美しい玄界灘を望む滞在もできる公園

    1. 石垣島・川平湾

      川平湾|白浜にエメラルドグリーンの海が広がる沖縄・石垣島の絶景…

    2. 沖縄・伊良部大橋

      伊良部大橋|海の上をドライブ!宮古ブルーの海にかかる絶景の橋

    3. 大分・真玉海岸

      真玉海岸|「日本の夕陽百選」干潟の縞模様と夕陽が織りなす絶景

    4. 上ヶ流茶園「天空の茶畑」

      上ヶ流茶園「天空の茶畑」|緑あざやかな「岐阜のマチュピチュ」

    5. 鹿児島・長目の浜

      長目の浜|紺碧の海を分かつ鹿児島・上甑島の白い砂州