姫路城|「白鷺城」とも呼ばれる勇壮かつ華麗な白亜の世界遺産の城

姫路城

姫路城とは

1346年、守護大名・赤松貞範により築かれた小さな城が「姫路城(ひめじじょう)」の始まり。その後、黒田官兵衛や羽柴秀吉、本多忠政など、13氏48代が城主を務めました。現在の大天守と小天守からなる連立式天守の雄壮な城郭が築かれたのは、1609年。姫路藩初代藩主・池田輝政が、8年もの歳月をかけて完成させました。1993年、世界文化遺産に登録。
現存12天守」である5重の大天守は、地下1階から地上6階建て。白漆喰総塗籠(しろしっくいぬりごめ)で真っ白に輝く姿は、別名「白鷺城(しらさぎじょう)」とも呼ばれています。
大天守と3つの小天守、4つの渡櫓(わたりやぐら)は国宝に指定されています。さらに、門や櫓など計74の建造物が国の重要文化財に指定されています。
姫路城

城を彩る1,000本の桜

「姫路城」は、「日本のさくら名所100選」に選ばれた桜の名所としても有名。見頃は、3月下旬から4月上旬。
約1,000本の桜が城内を彩りる絶景は、CNN Travelの「日本の最も美しい場所36選」に選ばれています。
内掘を風情のある和船に乗ってめぐることもできます。運航期間は、3月中旬から12月中旬まで(7月・8月は運休)の毎週土曜・日曜・祝日。桜が咲き始める3月下旬からゴールデン・ウィーク、10月は毎日運航します。
姫路城の桜

姫路城へのアクセス

電車・バスでのアクセス

・JR「姫路駅」から徒歩約20分
・JR「姫路駅」から「姫路城ループバス」で約5分、「姫路城大手門前」バス停下車すぐ

車でのアクセス

・播但連絡自動車道「花田IC」から約15分または
・山陽自動車道「姫路西IC」から約25分

駐車場

・「姫路城大手門駐車場」など周辺の駐車場を利用

姫路城の世界遺産データ

登録名
姫路城
Himeji-jo
登録年・分類
1995年・文化遺産
登録基準
(i) (iv)
UNESCO World Heritage Centre

姫路城の基本情報

スポット名
姫路城(ひめじじょう)
Himeji Castle
住所
〒670-0012 兵庫県姫路市本町68

マップコード
24 278 843*86(姫路城大手門駐車場)
※「マップコード」および「MAPCODE」は㈱デンソーの登録商標です。
電話番号
079-285-1146(姫路城管理事務所)
ベストシーズン
桜:3月下旬~4月上旬
営業期間
通年
定休日
12月29日・30日
営業時間
4月27日~8月31日 9:00~18:00(入城は17:00まで)
9月1日~4月26日 9:00~17:00(入場は16:00まで)
料金
大人(18才~) 1,000円
小人(小学生・中学生・高校生) 300円
Webサイト ※最新情報はリンク先をご確認ください。
【公式】世界遺産姫路城
Tripadvisor

おすすめ絶景スポット

  1. 弘前城・弘前公園の桜

    弘前城・弘前公園|現存12天守の名城を彩る桜と幻想的な花筏

  2. Bonneville Salt Flats

    ボンネビル・ソルトフラッツ|アメリカのウユニ塩湖!見渡す限り真っ白な平原

  3. トールの井戸|Thor’s Well 迫力満点!太平洋の排水パイプ

  4. チヴィタ・ディ・バーニョレージョ|ラピュタのモデル!中世の面影を残す天空の街

  5. ラグーザ|Ragusa 後期バロック様式の優美な建物が残る世界遺産の街

  6. ブラウゼー|Blausee

  1. 石垣島・川平湾

    川平湾|白浜にエメラルドグリーンの海が広がる沖縄・石垣島の絶景…

  2. 沖縄・伊良部大橋

    伊良部大橋|海の上をドライブ!宮古ブルーの海にかかる絶景の橋

  3. 大分・真玉海岸

    真玉海岸|「日本の夕陽百選」干潟の縞模様と夕陽が織りなす絶景

  4. 上ヶ流茶園「天空の茶畑」

    上ヶ流茶園「天空の茶畑」|緑あざやかな「岐阜のマチュピチュ」

  5. 鹿児島・長目の浜

    長目の浜|紺碧の海を分かつ鹿児島・上甑島の白い砂州