鶴ヶ城(会津若松城)|国内唯一の赤瓦の名城を彩る桜

鶴ヶ城(会津若松城)と桜

鶴ヶ城とは

福島県会津若松市は、会津地方の中心都市で、戊辰戦争の激戦の舞台となった城下町です。会津若松を象徴する「鶴ヶ城(つるがじょう)」は、戊辰戦争では、新政府軍との攻防に耐え続けたことから、「難攻不落の名城」とも謳われています。正式名称は「若松城」で、「会津若松城」の名で呼ばれることもあります。「若松城跡」の名称で、国の史跡に指定されています。
「鶴ヶ城」のはじまりは、1384年。江戸時代に竣工した天守などの建造物は、1874(明治7)年に解体されました。
現在の天守閣は、1965(昭和40)年に再建されました。国内唯一の赤瓦の天守など、幕末当時の美しい姿が再現されており、「日本100名城」に選定されています。
会津若松・鶴ヶ城

名城を彩る桜

「鶴ヶ城」は、「日本さくら名所100選」に選ばれた桜の名所でもあります。4月中旬から下旬にかけて、ソメイヨシノを中心に、エドヒガンやシダレザクラなど約1,000本の桜が咲き誇ります。赤瓦の天守に映える桜は美しく、時には季節外れの雪と桜という珍しい絶景を見ることができます。
鶴ヶ城(会津若松城)

幻想的なライトアップ

「鶴ヶ城」では、春の桜、夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色と、四季折々に天守を照らすライトアップが行われています。季節ごとに変化する色も楽しみです。
桜の開花期間と紅葉の見ごろの時期には、天守だけでなく園内の桜や紅葉などもライトアップされ、昼間とは異なる幻想的な雰囲気に包まれます。
鶴ヶ城(会津若松城)

会津若松の歴史を紹介「郷土博物館」

天守閣内部は「郷土博物館」となっています。鶴ヶ城の歴史をはじめ、幕末や戊辰戦争当時の会津藩の様子や白虎隊の悲劇などをパネルや映像、模型などで紹介しています。
最上階は展望台となっており、会津若松の町並みや白虎隊が最期を遂げた飯森山、磐梯山などを望むことができます。

鶴ヶ城へのアクセス

電車・バスでのアクセス

・JR「若松駅」からまちなか周遊バス「ハイカラさん」で約20分、「鶴ヶ城入口」バス停下車

車でのアクセス

・磐越自動車道「会津若松IC」から約15分

駐車場

・360台(有料)

鶴ヶ城の基本情報

スポット名
鶴ヶ城(つるがじょう)
Tsuruga-jo (Aizuwakamatsu Castle)
住所
〒965-0873 福島県会津若松市追手町1-1

マップコード
97 232 668*12(鶴ヶ城南口駐車場)
※「マップコード」および「MAPCODE」は㈱デンソーの登録商標です。
電話番号
0242-27-4005(鶴ヶ城管理事務所)
ベストシーズン
桜:4月中旬~4月下旬
紅葉:10月中旬~11月中旬
営業期間
通年
定休日
年中無休
営業時間
天守閣 8:30~17:00(入場16:30まで)
料金
【天守閣】
大人 410円
小・中学生 150円
Webサイト ※最新情報はリンク先をご確認ください。
【公式】鶴ヶ城
鶴ヶ城天守閣|会津若松ナビ
Tripadvisor
SNS
Instagram

おすすめ絶景スポット

  1. ブレッド湖|Lake Bled 「アルプスの瞳」と称される美しいスロベニアの湖

  2. カトマイ国立公園|Katmai National Park and Preserve

  3. バガン遺跡|Bagan

  4. クラヴィカ滝|Kravica Falls ヘルツェゴビナの美しい滝

  5. 奥入瀬渓流

    奥入瀬渓流|深い緑の森と清流に癒される青森随一の絶景スポット

  6. キャノン・ビーチ|Cannon Beach

  1. 石垣島・川平湾

    川平湾|白浜にエメラルドグリーンの海が広がる沖縄・石垣島の絶景…

  2. 沖縄・伊良部大橋

    伊良部大橋|海の上をドライブ!宮古ブルーの海にかかる絶景の橋

  3. 大分・真玉海岸

    真玉海岸|「日本の夕陽百選」干潟の縞模様と夕陽が織りなす絶景

  4. 上ヶ流茶園「天空の茶畑」

    上ヶ流茶園「天空の茶畑」|緑あざやかな「岐阜のマチュピチュ」

  5. 鹿児島・長目の浜

    長目の浜|紺碧の海を分かつ鹿児島・上甑島の白い砂州